自由に生きるために

二児の父、起業してわかったこと

「お金は後からついてくる」って本当か?

f:id:akira-wakasugi:20190206205427j:image「お金は後からついてくる」って本当か?
「がんばって仕事をすれば、お金は後からついてくる」「いいものを作ってさえいれば、お金は後からついてくる」っていう、この「お金は後からついてくる」という魔法の言葉。誰もが一度は聞いたことありますよね。
 
これって「きちんと仕事をしていれば、いつかは認められ、お金も入ってくる」っていう話で、目上の人や成功者みたいな人から言われるものだから、「ああ、確かにそうだよなぁ」って、つい納得してしまいがちですよね。
 
だけど「お金は後からついてくる」って自分に言い聞かせ、お金の問題を先送りにしていても、お金ってついてこないんですよ。
 
だってよーく考えてみてください。
 
「お金は後からついてくる」って言う人たちって、すでにお金を持っていたり、成功していたり、モノゴト上手くいっている人たちじゃないですか。
 
「お金は後からついてくる」って言う人たち
自分は職業柄、不動産で成功した投資家や経営者に会うことも多いのですが、そういった人たちに漠然と成功の秘訣を聞くと、みんな口を揃えたかのように「きちんと仕事をしていば、お金は後からついてくる」っていう話をされて終わります。
 
だけどもっと深く突っ込んで具体的に投資や事業の話をすると、めちゃめちゃお金のことを考えているわけで…。つまりお金が入ってくる仕組みや逃げない仕組みを誰よりも考えているわけです。
 
でもそういった細かい話をみんなにしていたら大変だし面倒なんですよね。そこで「きちんと仕事をしていば、お金は後からついてくる」っていう魔法の言葉が生まれるわけです。
 
でも、ぼくたち普通の人がそういった言葉を真に受け「お金は後からついてくる」と言って、お金の問題を先送りにしてちゃダメなんです。
 
じゃあどうすれば良いかというと、それはお金の問題と真剣に向き合っていくことです。
f:id:akira-wakasugi:20190206214921j:image
お金の問題は知識をつけて改善する
まず主にお金の問題って、月末の支払いや将来に必要な貯金のことだったりしますよね。なのでその問題を改善するために、「稼いだお金の貯め方」と「貯まったお金の増やし方」を知る必要があると思うんです。
 
貯め方といっても難しく考えずに、ただお金が貯まる仕組みさえ用意すれば、誰にだってお金を貯めることはできます。だって毎月の給料から天引きして積立貯金するだけでもお金は貯まるわけで。これなら銀行で口座をつくればできるから簡単ですよね。
 
増やし方だってきちんと学んで、貯まったお金の一部を株や不動産などの投資に回せば、お金でお金を増やすことだってできるわけです。そう、思い返せばまだ25歳になったばかりの頃、ぼくは「ファイナンシャルアカデミー」というマネースクールに通ったことがあるんです。
 
当時、飲食店の厨房で働いていた自分の年収は250万円ほどで、付き合っていた彼女(うちの妻)は400万円超え…。それで何気なく源泉を見比べてしまったときに、なんか自分に対してなんとも言えない虚しさがあったんですよね。
 
でも彼女と本気で結婚を考えていた自分にとっては、「このままじゃダメだ」と奮起する良いきっかけになりました。う〜ん…なんていうか…単純に自分の稼ぎだけでも家族を養っていけるようにしたいって思ったんですよね。
 
「お金がついてくる」仕組みを持つ
あれから10年経って、いま自分が不動産の仕事で生計を立てられているのも「ファイナンシャルアカデミー」で学んだお金の基礎知識がベースにあるからだと思っています。もしあのとき「お金は後からついてくる」と言って、お金の問題を先送りにしていたら、いまも同じことで悩んでいたかもしれません。
 
もちろん「お金は後からついてくる」と言って願えば、ついてくるような才能の持ち主もいるでしょう。でもぼくたち普通の人は、願いながらも学んでいった方が、お金に好かれる確率って高まると思うんですよね。
 
お金がついてくる人とそうじゃない人の違いは、お金を貯めたり増やしたりする「仕組みを持っているか持っていないか」の違いです。なのでお金は後からついてくるんじゃなく、お金がついてくる仕組みを持つ人のところに、お金ってついていくんですよね。
f:id:akira-wakasugi:20190206205916j:image
 

⭐︎今日も最後までお読みいただきありがとうございました。

記事にコメントやシェア、いいね!をいただくたびに「ニヤニヤ」と喜んでいます。伺える限り、皆さまのページにもお礼訪問していきますね^^