好きなことをして生きていくために

二児の父、起業してみて分かったこと

ぼくがiPhoneだけで写真を撮りつづける理由

ぼくはiPhoneだけで写真を撮っている。

iPhone写真家だ。

 

写真家だけどカメラは持っていない。

だから写真展をやると見に来てくれた方によく聞かれる。

 

なぜ、iPhoneなのですか?

なぜ、カメラを使わないのですか?

なぜ、一眼レフを買わないのですか?

 

確かに写真家を名乗り、写真展をやる人間が「iPhoneでやってます」というのは、不思議なことなのかもしれない。だけどそれは、ぼくにとってiPhoneじゃないとダメな理由があるからなのです。

f:id:akira-wakasugi:20171018184543j:image

そもそもiPhone写真家ってなに?

当初この「iPhone写真家」と名乗ることに、かなりの抵抗があった。

写真家として生計を立てているわけでもないし、これまでずっと写真をやってきたわけでもない。ましてや自分の写真が大層な賞を取ったわけでもない。客観的に見ても、いわゆる素人同然の自分が「写真家」と名乗るなど、あまりにも身の程知らずだと思ったのだ。

 

ただ、自分で撮った写真を多くの人に見てもらいたいと思い、インスタグラムの中だけだった世界からリアルな世界へと飛び出し個展まで開いてしまった。当初はプロフィールなども作らずに活動をしていたのだが、個展も回数を重ね、多方面に作品提供などもしていくこととなり、自分が何者なのかを名乗る必要が出てきた。

 

写真を撮って活動をしていることは確かなのだが、カメラすら持っていない自分が写真家と名乗るのは如何なものか・・・だけど自分が何者なのかを説明する必要もある・・・

 

そこで絞り出した肩書きが「iPhone写真家」だった。

 

写真展のプロフィール、作品提供先で使うプロフィール、SNSのプロフィールなどにも「iPhone写真家」という肩書きが加わった。そんな肩書きを見て興味を持っていただいた方から「なぜ、iPhoneなのですか」と聞かれるわけである。

f:id:akira-wakasugi:20171018190413j:image

ぼくがiPhoneだけで

写真を撮りつづける理由

 

先のことは誰にも分からない。

でもきっと、ぼくはこの先もiPhoneで写真を撮りつづけるだろう。

 

なぜ、iPhoneなのか?

なぜ、一眼レフやコンデジではないのか? 

 

それはiPhoneじゃないと撮れない瞬間があるからなのです。

 

iPhoneじゃないと撮れない瞬間ってなんぞや?

そんな声も聞こえてきそうなので、ご説明しますね。

 

ぼくが思うiPhone写真家として最大の強みは「いつもカメラ機能を携帯していること」だと思うのです。家から出かけるとき、財布やリップクリームは忘れてもiPhoneを忘れることはありません。仕事もほとんどiPhoneがあれば出来てしまうので、いつも肌身離さず持っています。だから日々街を歩いているときに感じた、心の動く瞬間、ハァッとした瞬間を瞬時に撮影することができるのです。

 

瞬時に撮影できると言っても、被写体に気づいてから2秒くらいはかかるので、実際は撮り逃しばかりです。iPhoneを片手に握りしめている状態で、そのくらいかかるのです。被写体に気づき慌ててカメラを開こうとしてもモゾモゾしてうまく開けません。だからピストルを構えるようにサッと撮影体勢に入れるようにしたいのです。ぼくにとっては、それくらい心の動いた瞬間を捉えることは大切なんです。厳密には被写体に気づいてから撮影体勢に入るので、その瞬間は過ぎているのですが、少しでも心の動きに撮影スピードを近づけたいのです。

 

日常のハァッとする瞬間、心の動く瞬間を、いつも探して歩いていたい。だから、ぼくはいつも肌身離さず持っているiPhoneで撮影を続けているのです。 f:id:akira-wakasugi:20171018183823j:image

肩書きよりも

大切にしていること

 

そんな理由で、ぼくは今もiPhoneだけで撮影を続けている。

しかし、心が動いた瞬間を捉えるということであれば、ちゃんとしたカメラを買って撮影のチャンスが来るまでカメラを構え待っていれば良いのではないか?

 

そんなことを思い立ち、カメラ屋さんにカメラを見に行ったこともある。だけど5分も見ないうちに帰ることにした。確かに、ちゃんとしたカメラを買えば画質は良くなるだろう。写真展の時には、500ミリ×500ミリのパネルに写真を印刷して展示もする。もっと画質が上がれば、それはそれで有り難い。しかし、そのためにいつも街を歩く時にカメラを持ち運ぶのは自分のポリシーに反する。

 

ぼくは「iPhone写真家」としての前に、大好きな散歩を大切にしていきたい。写真を撮るようになったのも、仕事の合間に街を歩く散歩がきっかけだった。

 

散歩はできるだけ身軽に手ぶらで行きたい。

散歩以外の外出もできるだけ身軽なのがいい。

物理的に身軽になるだけで心も軽く自由になる。

 

目的地もない、ただ心のままに、ふらふらと歩いていく時間が好きなのだ。その時に荷物が多いと、それだけで疲れてしまう。手ぶらでポケットにハンカチとティッシュ、リップクリームと電子マネーが使えない時用のお札、それにiPhoneがあれば1日不便はない。日帰りならどこへでも行ける。

 

iPhoneを片手に街を歩くだけで、心にアンテナが立ち、いつもの見慣れた景色が、いつもと違う景色だったことに気づかされた。写真を撮り始めたことで毎日の散歩がより楽しく豊かな時間となった。ぼくにとっては、写真を撮ることに専念するよりも、写真を撮ろうと意識して街を歩く心豊かな時間の方が大切なのだ。

 

だからぼくは写真家にはなれない。

写真を撮ることに自分のすべてを賭けることはできないから。

 

ぼくは手持ちのiPhoneで写真を撮る「iPhone写真家」だ。

 

ぼくにとって写真は、心を豊かにしてくれる、きっかけである。しかし、写真を撮るから心が豊かになるわけではない。写真を撮ろうと意識して歩くことで、ぼくは心の豊かさを感じられる。

 

それも出来るだけ身軽に、自由に、ただこのまま歩いていきたい。だからこれからも、ぼくはiPhoneで写真を撮りつづけていくだろう。

f:id:akira-wakasugi:20171018190447j:image

ぼくがiPhoneだけで

写真を撮りつづける理由

 

・さりげない日常の瞬間を捉えるにはiPhoneが最適だから。

 

・どれだけ持ち物を身軽にしてもiPhoneは常に持ち歩いているから。

 

・写真撮影を重視するよりも写真を撮ることを意識して歩くことで、心の豊かさを感じられるから。

 

 

#毎週水曜よる9時更新

 

廃業寸前、見栄もプライドも捨て去って見えた景色。それは「生かされている」という感謝だった

2017年4月7日配信。

WEBマガジン「ORDINARY」掲載記事より(一部抜粋)。

全文の掲載記事はコチラ↓↓↓

TOOLS 97 廃業寸前、見栄もプライドも捨て去って見えた景色。それは「生かされている」という感謝だった – 起業すれば自由になれるのか? / 若杉アキラ | ORDINARY(オーディナリー)

 

f:id:akira-wakasugi:20171011065558j:image

起業して3ヶ月で廃業の危機

あと2ヶ月で資金が底を尽きる。起業したものの売上は思うように上がらないまま。


来月には子供も生まれる。

 

毎日が苦しい。先のことなど考える余裕はなかった。

2011年8月。灼熱のアスファルトの上を駆けまわるように新規開拓へ奔走する日々が続いていた。このまま売上を上げられなければ11月には自分で作った会社を潰すことになる。タイムリミットは迫っていた。

 

起業して約3ヶ月。思うようにはいかなかった。

当時勤めていた会社の残業地獄から抜け出したい一心で、ぼくは逃げだすように起業した。会社を辞めることが決まってから現実を突きつけられ、あれこれと模索してきたが考えが甘かった。

 

売上が無くても会社の運転資金は毎月確実に減っていく。

ATMへ記帳に行くのが憂鬱だった。「ジィージィー、ジィージィー」と通帳に刻まれる数字は確実にゼロに近づいていた。

当時のことは今思い返しても胃がキリキリと痛みだす。

 

生き抜く覚悟

2011年9月。元気な女の子が生まれた。

妻に陣痛がきてから分娩室で我が子を抱き上げるまで付きっきりで出産に立ち会った。つい数時間前に出産を終え、ベッドに横たわり微笑んでいる妻には尊敬と感謝しかない。そのとなりで生まれたばかりの我が子を抱きながら思った。

 

(絶対に負けるわけにはいかない)

 

気がつけば心は感動と入り混じるように実生活へと向けられていた。

子供が生まれると分かっていながら、ぼくは会社を辞めて起業した。そこには壮大なビジョンも社会に誇れるような志もない。ただ会社勤めに対する不満から逃げ出すように起業した。

 

昔から「いつかは起業したい」「好きなことをして生きていきたい」という夢はあったが、その「いつか」はいつかのまま。計画的に起業準備を進めてきたわけではない。

自分の考えが甘かった。だからここは腹をくくらなくてはいけない。本当に大切なものを守るために、それ以外は捨てていく。

(来月までやってダメなら会社を清算する)

 

覚悟は決まった。

思えば最初からそのつもりだった。会社の運転資金が尽きたらゲームオーバー。作った会社を清算して就職しようと思っていた。

 

だからすべて想定内のこと...


...想定内のことだけど悔しい。

 

悔しいけど... 就職することで家族の生活を守ることができるのなら...

 

起業家としての前にぼくは夫であり父親なのだ。何があっても家族を守り生き抜いていく。

子供が生まれ父親となり、何かが吹っ切れたことは確かだった。

それから2ヶ月間。やらないで後悔しそうなことは全部やると決めて行動に移した。それでダメなら潔く会社を清算して就職する。

 

(就職して作戦を練り直して、またチャレンジすればいい)

 

子供が生まれ家族と生き抜いていくために、会社を清算する覚悟を決めたことで、まだ自分のどこかに残っていた見栄や余計なプライドは消えていった。

 

(周りから笑われたっていい)

 

(馬鹿にされてもいい)

 

とにかく稼ぎたい。

それで家族の生活と自分の夢を守ることができるのなら...

 

生き抜く努力

2017年3月。そんなセピア色の創業期から6年という月日が流れていた。今日も会社を続けていられることをときどき夢のように思う。

残業地獄から抜け出したくて始まった起業家人生。自分の考えの甘さから起業して半年後には廃業ギリギリまで追い込まれた。

しかし幸運にも今日まで生かされてきた。

自分でやれることは全部やってきたつもりだけれど、それが社会に受け入れられ欲しい結果に結びつくかどうかは、自分の力だけではどうしようもない。

だから自分の置かれている状況を冷静に見極め、イマ出来る最善のことに集中していくしかない。

 

そう、いろいろと考えた結果。

 

会社を作る時に借り入れはしなかった。運転資金の借入をすれば資金に余裕ができ選択肢は広がったかもしれない。しかし、もしも起業が上手くいかなかった時に多額の借金を抱えて生きていくことになる。初めての起業で全てにおいて手探りでやっているような状態。何に使っていいのかも分からないお金を借りることはしたくなかった。

そしてなによりも最初の起業が上手くいかなかった場合でも、大きな痛手がなければ何度でもやり直せると思った。

 

だから運転資金は学生の頃から貯めてきた貯金だけ。限られた資金で会社を続けていくためには、お金のかからない体質を作る必要があった。そこで固定費の多くを占める事務所はできる限り安価にすませ社員も雇わないことにした。

 

お客さんを呼べるような立派な事務所は持てなかったので必然的に「待ちの営業」ではなく「出向く営業」をすることになった。そして社員を雇う代わりに外注先をいくつか組み合わせることで社員の役割をアウトソーシングすることにした。

 

なんとか限られた資金で生き長らえるために考え工夫して、お客さんにとって価値がないと思われる支出は徹底的に削った。

 

社員の代わりに外注を頼んだとはいえ、会社の顔となる営業は自分でやると決めていた。ただ、一人で営業回りできる数は限られる。だから地域もお客さんも絞るしかなかった。見込みがありそうな営業先を集中的に回り、出会う一人一人と向き合って話し、仕事の依頼があれば期待されている以上の仕事を届けていくように努力してきた。

 

この地域とお客さんを絞ったことが功を奏して、狭い特定の地域の中で少しずつクチコミが広まっていった。

 

人はひとりでは生きてはいけない

クチコミが広がり仕事の依頼が増えてきたことにより、起業して半年が経つ頃から少しずつ売り上げも上がるようになっていった。

種をまいてから芽が出るまでには時間が必要だったのだ。

 

どんな種をまいても芽が出るまでは、不安で不安で心が押し潰されそうになる。せっかく芽を出したと思い喜んでいたら、直ぐに枯れてしまうこともある。なかなか思い通りにはいかない。

 

ただどんな種でもまけば実るというものではないが、実るまで続けていなければ、その果実を得ることはできない。

もしも、あの創業期を持ちこたえられずに会社を潰していたら... 今はない。はじまりは決して計画的ではなかったが、予想もしなかったクチコミのおかげで 今も会社を続けることができている。

自分にとって本当に大切なもの以外は捨てる覚悟を持ち、どうすれば今置かれている状況から前に進めるのかを考え・行動し・努力し続ける。簡単ではないかもしれないが、ここまでは自分の力で出来る範囲である。逆に言えば、自分の力で出来る範囲はここまでなのだ。

 

自分の思う最善の行動をしても結果が伴わないこともある。そんな時はやっぱり悔しい... 悔しいけど上手くいかないこともある。

ただ誰か一人の心に寄り添い、何かを届けたいと思う行動は、その誰か一人の心に届くのではないだろうか。世間は自分が思ったよりも自分を見ていてはくれないかもしれないが、いま目の前にいるただ一人は必ず自分のことを見ていてくれる。人はひとりで生きているわけではないのだ。

SNSの発達で人とのコミュニケーションですら効率化されていくような世の中。

仕事に関わらず、人とリアルに触れ合いコミュニケーションを取ることの価値は必ず増していく。便利になった部分の恩恵は受けながらも時間をかけて人と向き合い仕事を続けてきた。

その一人一人に生かされて、今日まで来れたことを起業して6年が経った今、噛みしめるように実感する。

f:id:akira-wakasugi:20171011065638j:image

廃業寸前、見栄もプライドも

捨て去って学んだこと

1. 本当に大切なもの以外、すべて捨てる覚悟を持つ


2. イマ出来る最善のことに集中し、行動に移す


3. どんな時も自分の行動を見ていてくれる人は必ずいる

 

 

毎週水曜よる9時更新

会社を辞めて、思ったよりも大変だったこと〈独立編ベスト3〉

会社を辞めようか迷っている。

最近、モヤモヤを募らせた読者や友人から相談を受けることが多い。

 

辞めたい理由は人それぞれなのだけれど・・・

辞めることを迷わせる気持ちの根底には、未来への不安がある。

 

もちろん未来は見えないものだから、不安になるのも自然なことである。

ただ不安があるからこそ人は何かしらの行動を起こす。

 

7年前、会社員だった頃ぼくの周りには、独立したりフリーランスで働いている人は誰もいなかった。だから周りに会社を辞めた後のリアルな話を聞ける人もいなかった。その当時、ぼくが欲しかったのは先人の知恵で、自分の1年や2年先を走っている人のリアルな話が聞きたかったのだ。

 

自分がこれから進む道に何があるのか?

そして成功の美談よりもリアルな独立後を知りたい!

 

もちろん誰かの現実を、そっくりそのまま自分に当てはめる事は出来ないのだけれど、それを自分流にカスタムしていくことで、見えない未来に想像を膨らませ、前に進んでいくことが出来るのではないだろうか。

 

34歳、2児の父、そんなぼくの・・・

会社を辞めて、思ったよりも大変だったこと〈独立編ベスト3〉

f:id:akira-wakasugi:20171004173536j:image

会社を辞めて、思ったよりも大変だったこと〈第3位〉

やらなければいけないこと、が増える

 

会社員時代、当たり前だったことが、当たり前じゃなくなる。

例えば、会社員時代は年末調整をちょこちょこと記入すれば良かった納税手続きも、独立して事業を営むにあたり確定申告をする必要が出てくる。この手続きは税理士に委託することも出来るが当然費用もかかる。もちろん自分でやることも出来るが本業以外に結構な労力と時間を要することになる。

 

会社は社員をプレーヤーとして、それぞれの業務に集中させるために、組織を作り分業で仕事を行なっている。しかし、独立してフリーランスや個人経営の会社を始めると、今まで会社がやってくれていたバックヤード業務もすべて自分の身に降りかかってくる。

 

つまり会社員時代は、良くも悪くも、自分の仕事の範囲は絞られ限定されていたのだ。だから営業は営業、企画は企画と自分のポジションに課せられた仕事を全うすればそれでよかった。しかし、会社を辞め独立して事業を始めれば、これまで会社がやってくれていたバックヤード業務も全て自分でコントロールする必要がある。

 

しかし、「やらなければいけないこと」が増えるということは、それを乗りこなす術を学ばざるを得ない、ということである。それを学ばなければ独立して事業を営み生計を立てていくことはできない。

 

だから「やらなければいけないこと」に向き合っていく過程で、社会を生き抜く力が確実に増していく。それは、すべてを自分事として捉え、考え、行動せざるを得ない環境が人を成長させてくれるのだ。

 

会社を辞めて、思ったよりも大変だったこと〈第2位〉

もう固定給はもらえない、自分の力で

お金を稼ぎ「つづける」ということ

 

会社を辞めると毎月の固定給がなくなる。

当たり前のこと過ぎて書くのも躊躇ったが、やはり独立して苦労したのはお金の問題だった。起業6ヶ月後には廃業寸前まで追い込まれ、それから3年くらいはお金を稼ぐことに必死だった。会社で毎月もらっていた給与相当額を安定継続的に稼ぎ続けるというのは簡単なことではない。

 

会社員時代、ぼくは終わりの見えない残業地獄に不満を募らせ、そこから逃げ出すように起業した。ただ、終わりの見えない残業地獄ではあったが、終電を逃すようなことはなかったし、会社に残ってさえいればサービス残業の対価として、誰にも角を立てずに毎月の給料日を迎えることもできた。

 

それが独立した途端、どんなに働こうが、その過程や時間が評価され、お金が支払われることはない。会社の一歩外に出れば、自分の提供したサービスが社会にどれだけ受け入れられたか、という結果に対してお金が支払われるようになっているのだ

 

会社員時代、会社に不満はあったが、日々の生活に不安はなかった。しかし、独立して勤める会社はなくなり不満は消えていったが、今度は日々の生活が不安定になった。結局は独立しても、日々の生活を営めるくらいお金を稼ぐことができないと、心のモヤモヤが消えることはない。自分も含め家族の衣食住が脅かされている状態で、心に平穏は訪れないのだ。

 

会社を辞め独立して生計を立てていく、ということは・・・

自分の力でお金を稼ぎ「つづける」責任を引き受けることなのである。

f:id:akira-wakasugi:20171004113605j:image

会社を辞めて、思ったよりも大変だったこと〈第1位〉

挑戦し「つづける」ということ

 

実は独立して4年目以降、会社の成長が止まった。

いや、正確に言えば、会社の成長が穏やかになったのだ。

 

 

そこで、ぼくは会社の自動化を進め、自分の時間を取り戻すための行動に出た。

それは自分でやらなくても良い仕事を徹底的に外注化することに加え、既存の業務を省略化していくことだった。それらを少しずつ進め、既存の不動産業務だけなら週3日働けば十分まわっていく仕組みを作ることができた。

 

しかし、念願の自由な時間を作ることはできたが、これから自分はどこに向かって進めばいいの分からなくなった。残業地獄から逃れるために独立し、お金のない不安から逃れるために我武者羅に働き、その働き詰の毎日から逃れるべく時間を取り戻すための行動に出た。それらを「挑戦」と言ってくれる人もいるけれど、自分にとっては「苦痛からの脱却」であった。どうやらぼくは、苦痛から逃れたい、という欲求が人一倍強いみたいだ。

 

だから苦痛から逃れ、穏やかな生活が訪れても、なんとなく思っていた。

たぶん、ぼくは追い込まれないと行動できない・・・

いや、もっと正確に言えば、追い込まれて行動した方が強くなれるのだ。

 

だったら自分が追い込まれる状況を意識的に作れば、成長が加速するのではないだろうか。そして、どうせ自分を追い込むなら楽しいことをやりたいと思った。それは自分にとって写真展を開催することであったり、いま考えていることをブログに書いてみたり、大きな枠組みで言えば「好きなことを好きなようにやってみる」行動を繰り返すことである。

 

好きなことをやっているので「楽しい」という感覚はあるのだが、時間的には相当に追い込まれて泣きそうな時もある。だけど写真展の開催は決まっているし、ブログは週1で書くって宣言してるから、やるしかない、という状況に追い込まれて行動に拍車がかかっている。

 

そうやって今、意識的に締め切りを作りながら、自分の好きなことに挑戦する日々を淡々と過ごしている。それは日々締め切りに追われる「苦痛からの脱却」であり、好きなことで生きていく、という自分への「挑戦」なのだ。

 

会社を辞め、すべて自己管理のもと挑戦を「つづける」には、自分が強く行動する動機やモチベーションを知り、それを誘発する仕組みを作っていく必要があるのだ。

 f:id:akira-wakasugi:20171004173930j:image

会社を辞めて、思ったよりも大変だったこと

〈独立編ベスト3@まとめ〉

 

第1位:挑戦し「つづける」ということ

 

第2位:お金を稼ぎ「つづける」ということ

 

第3位:やらなければいけないこと、が増えること

 

独立すると会社員時代よりも「やらなければいけないこと」は確実に増える。しかし、それは自分の裁量によって外注することもできる。ただ継続的に発生する作業は外注する前に一通り自分でやってみることをオススメする。体感することで外注する内容を最適化することができるのだ。

 

そして最後に・・・会社を辞め独立して何よりも大変だったのは「つづける」ということである。社会は常に動いていて、昨日の正解は今日の不正解ということも日常茶飯事。独立して生計を立てていくということは、自分のため、家族のため、事業に関わってくれる全ての人のために、お金を稼ぎ「つづける」責任を引き受けることなのだ。そして自分が成長できる環境を知り、身を投じ挑戦し「つづける」ことこそが、なによりも人として自分を成長させてくれるのだ。

 

 

 

毎週水曜よる9時更新