好きなことをして生きていくために

二児の父、起業してみて分かったこと

あるはずの思い出たち、失って気づいた大切なこと

目の前にある喜びを

 

後回しにして生きてきた。

 

いま我慢することで目標への到達を早め

 

目標の達成が全てを解決してくれる・・・

 

そう願い、信じていた。

f:id:akira-wakasugi:20170620074046j:image

働くために消えた自由

目標へ一直線に突き進むことができる。

それは自分の長所なのかもしれない。

 

しかし、何かに集中するということは、何かに集中できないということ。

ぼくは目標に向け一直線に突き進むということで、それ以外のどこかに歪みが生じるという自覚が足りなかった。

 
「自分の時間を取り戻し、家族との時間も充実させたい」

 

そう、頭では思っていても行動には繋げられない自分がいた。
 

家族との時間を充実させるためにも、土台となる暮らしを守らなくてはいけない。

土台となる暮らしを守るためには、会社を守らなくてはいけない。

会社を守り、家族が暮らしに困らないだけのお金を稼ぎ続けたい。
そのためには学び続けるしかない。

 

そうやって家族への思いを行動に繋げられない背景には、起業半年で廃業寸前まで追い込まれた苦い経験があり、その恐怖心が自分をどこまでも仕事へと突き動かしていた。

 

だから働くために学びを深めることに必死で、せっかく作り出した自由な時間も結局は働くために消えていった。

 

過ぎ去った時間

もう3年ほど前になる。

その頃のぼくは何か予定がない限り、ほとんどの時間を仕事か仕事のスキルアップの時間に充てていた。

 

そんなある日、仕事に行く準備をしていると・・・

妻に娘と公園に行ってほしいと言われた。

 

「公園?」

 

それもどうやら家のすぐ近くにある公園らしい。
考えてみたらそれまで娘と2人で出掛けたことはなかった。

 

仕事をしようと思っていたぼくは一瞬考えたが、娘と公園に行くことにした。

 

正直、当時3歳になる前の娘と2人で出掛けるのは不安だった。

妻がいない状況で自分一人だけで面倒が見れるのか心配だったのだ。

 

ぼくはそんな緊張を胸の中に留め、娘と手を繋ぎ家を出た。

公園に着くと娘は駆けまわり好きな遊具から順に遊んでいく。

 

しばらく横で眺めていると・・・

この前まで、ひとりで漕げなかったブランコをひとりで漕げるよになっていたり、ひとりで登れなかったジャングルジムもひとりで登れるようになっていたり・・・

 

(ちょっと見ないうちに成長したなぁ)

 

なんだか、あっと言う間に親の手から離れていく。

そして側で話すママさん達の会話を聞きながら公園のベンチに座っていると、ぼくもパパなんだなぁと実感した。

 

娘は楽しそうにママと公園であれをしたこれをしたと教えてくれる。

 
(ぼくは何もしてないなぁ・・・)
 
そう思い、娘の成長を振り返ると、過ぎ去ってしまった日々の尊さに胸が痛んだ。

ぼくは何か大切なことを見失い、突き進んできたのかもしれない・・・

 

あるはずの思い出たち

いつの間にか出掛ける前の緊張は消えていた。

帰宅して妻と話をすると、娘の友達は休日にはパパと2人で出掛けることも多いという。そんな話しを聞いた娘が「パパと2人でお出掛けがしたい」ということになったようだ。
 
普段から「パパがお仕事がんばってくれているからママたちはご飯が食べられるんだよ」と妻に言われている娘は、いつも仕事ばかりしているぼくに「公園に行きたい」とは言えなかったのだ。

 

(あぁ、ぼくは何も分かっていなかった。妻の気持ちも、娘の気持ちも・・・)
 
ぼくは自分の目標が家族の目標であるかのように錯覚して、いま目の前にある喜びを後回しにして、その目標に向け一直線に突き進んできた。

その結果、家族の暮らしを守ることはできたかもしれないが、精神的には寂しい思いをさせてしまった。
 
ただその寂しさを薄々感じていた自分も寂しかった。
寂しかったが生活の安定が心の安定になると自分に言い聞かせ働きつづけていた。

起業して3年間働き詰めの毎日が、自分は家庭人でもあることを忘れさせてしまったのだ。

夫や父親であることよりも起業家としての自分ばかりが顔を出し、娘の成長と共にあったはずの家族の大切な思い出を失ってしまった。

 

自分の時間を取り戻し、人生の主導権を握り、自分の人生を思いのままに生きられるようにする。

その目標へ向け一直線に突き進み、やっとの思いで掴みかけ、見えてきたことは、そこに至るまでに失ってきた「あるはずの思い出たち」だった。

 

今の喜びは今しかない

何処かに辿り着くまでも時間は止まってはくれない。
そんな当たり前のことに大切な時間を失ってから気づいた。

 

先の目標ばかりに気をとられていると、目の前にある大切な時間を失ってしまう。

 

「今」という時間は二度と戻ってこないのだ。

だから先の目標を視野に入れつつも、目の前にいる大切な人、大切なことから目を離してはいけない。

 

なぜなら目標へ向かう道のりで、大切な人と共に喜びを分かち合うこと、人生を分かち合うことこそが、生きることの喜びであり、楽しみであり、醍醐味であると思うから。

 

少し時間はかかったけど、今わかって良かった。

 f:id:akira-wakasugi:20170621113100j:image

失って気づいた大切なこと

 ・何かに集中するということは、何かに集中できないということ。目標に向け一直線に突き進むということは、それ以外のどこかに歪みが生じるということを自覚しなければならない。

 

夫や父親であることよりも起業家としての自分ばかりが顔を出し、娘の成長と共にあったはずの家族の大切な思い出を失ってしまった。

 

先の目標ばかりに気をとられていると、目の前にある大切な時間を失ってしまう。だから先の目標を視野に入れつつも、目の前にいる大切な人、大切なことから目を離してはいけない。

 

 

毎週水曜よる9時更新

 

 

集中できないのは集中する必要性に迫られていないから〜集中力にフォーカスした仕事の進め方〜

小さな頃から・・・

 

「集中力が足りない」と言われてきた。

 

だから今でも自分には集中力が足りないという自覚がある。

その集中力の足りない自分が、もしも平均以上に集中力を発揮できるようになりたいのであれば、そのことについて考え工夫していかなくてはならない。

 

自分にとって限られた集中力を如何に使っていくか。

 

その試行錯誤の一部始終をここに記す。

f:id:akira-wakasugi:20170614102450j:image 

集中する前にToDoを捨てる

こんな経験はないだろうか。

普段なら1週間かかる仕事を締め切りに迫られ3日でやり遂げてしまった。

期限に迫られ、集中力が高まり、生産性が上がるということは多くの人が経験したことのあることだろう。

 

しかし、限られた集中力に対してToDo《ToDo=やることリスト》が多過ぎる場合、すべてに集中力を注いでいくことはできない。

だから毎日、優先順位を確認してToDo上位のものにフォーカスして集中力を注いでいくことになる。

 

しかし、これだと後順位のものがいつまで経っても終わらずToDoに残るというモヤモヤした気持ちを抱えることになる。ToDoにあるということは自分にとって少なからず必要であるからに違いないが、いつまでも実行されないToDoは今の自分には必要ない。それが例え、自分にとって本質的に大切なことであったとしても、今の自分には実行するゆとりはないのだ。

 

今できないことは一度捨てよう。

やることを減らし頭の中をクリアにしてフォーカスの対象を絞っていく。

 

実行されないToDoを捨てていくことは、心と頭に平静をもたらし、自分の取り組むべき対象をクリアにしてくれる。

 

集中力を高める環境

 「集中しなさい!!」

学校の先生や会社の上司、何かを指揮する人がいるところで、ぼくはよく怒られた。

 

ただそんなことを言われても集中なんて出来るわけがない。

何故なら自分にとって集中しなくてもいいと思える環境だから集中していないに過ぎないのだから。集中しないで何かが達成出来る環境であるなら、わざわざ集中しようなんて思わない。

 

ぼくは学校の勉強に興味はなかったが、上京する理由として大学進学がしたかった。だからテストで良い点は取りたかったが朝練を終えた後の授業は眠く、ほぼ睡眠に充てていた。だからよく怒られた。そんな感じで授業は聞いていなかったがテスト前になると徹底的に出題範囲を調べ、短期間に暗記する作戦を繰り返しテストの成績は上々だった。

 

そんな経験から自分が集中できない環境は、集中しなくてもなんとかなってしまう環境であると思っている。

つまり自分にとって「ぬるい環境」ということなのだ。

 

しかし、集中して取り組んだ方が生産性が高くなる場合はこの限りではない。

集中して短い時間で作業を終わらせれば他のことに使える時間や余白も生まれる。

 

だから今では如何に集中力を使っていくか。

つまり、集中力にフォーカスした時間の使い方をするようにしている。

「集中力にフォーカスする」なんて言うとなんだか難しそうに感じられるかもしれないが全くそんなことはない。

 

ゲーム感覚で楽しみながら取り組むことができる。

 

ぼくが実際にやっていることはToDoに時間制限を設け、これは何時まで、あれは何時までと時間を細かく区切ってゲーム感覚でToDoをクリアしていくということ。

 

例えば1日実働5時間働くとしたら30分×10本の仕事の枠を作り、合間に休憩を5分から10分くらい挟みながら仕事を組み立てToDoを終わらせていく。

そうやって自ら時間に追われる環境を作り集中力を高め仕事の生産性を上げていくのだ。

 

加えてぼくは何かを記録することが好きなので、時間家計簿をつけて1日の仕事時間が予定時間を超過してないかチェックすることも楽しんでいる。

 

なにごとも楽しみながらやることが長続きするコツなのだ。

 f:id:akira-wakasugi:20170614102833j:image

集中力が高まる時間

むかし飲食店に勤めていた。

その頃の感覚が抜けず、ぼくは長いこと完全な夜型人間であった。

 

仕事は日が変わらないうちに終わらせたいという思いもあり、夜も遅くなるほど締め切りに追われ集中力が増していくのであった。

そして何よりも、あの夜の静けさが集中力を高めてくれるのだ。

 

しかし、そんな夜型生活も娘が幼稚園に通い始めたことで変わっていった。

 

幼稚園は登園時間も決まっている。

ぼくも妻も朝は適当に起きるということが出来なくなり、朝きちんと起きるために妻と娘は21時前には寝るようになってしまった。

 

娘が幼稚園に通う前は、終電間際に帰ってくるぼくを待ってくれていた妻だが、さすがにその時間まで起きていると朝が辛い。

そんな妻と娘の生活リズムに便乗して、ぼくも朝型生活に少しずつシフトしていった。

 

慣れるまでは5時起きと7時起きを一日置きに繰り返し「今日頑張れば明日は休める」という自分へのご褒美を用意して少しずつ朝型生活に慣らしていった。

 

5時起きと7時起きを繰り返して実感したことだが、朝起きるのは正直どちらも辛い。

ただ同じ辛さがあるのなら朝の時間を有効に使える5時起きの方が良い。

そして早起きして集中した朝を過ごした日は、そうでない日より気分が良いのだ。

 

それにたっぷり睡眠をとって目覚めたばかりの朝はクリエイティブワークに向いている。日中とは異なり寝起きでフワフワした感覚の方がぼくにはちょうど良かったみたいだ。

 

日中あれこれ考えどうしようもなかったことを、朝あらためて考えてみると短時間で良いアイディアに巡り会うということも多々ある。

ぼくにとって朝の時間は、無意識に集中力が高まり、自分の中に眠る潜在意識と繋がることができる貴重な時間となったのだ。

 

夢中になれる対象

集中力を高める環境と時間もある・・・

ただそれでも集中できない時はあるし、いくつかのToDoを抱えていると頭の切り替えができない時もある。

「そんな時は無理に頑張っても良い仕事は出来ないし生産性も上がらない」というのがぼくの考え方。

 

例えば当初、優先順位1番のToDoに取り組もうとしていたけど全く集中できない場合は、ToDoの優先順位2番・3番など上位の中で今一番気になっていること。つまり気分的にやりたいこと・夢中になれる対象に取り組むようにしている。

 

やりたいことをやれば集中力も続きやすい。

 

しかし、その優先順位の高いToDoを後回しにしても帳尻が合うようにしていかないと、ただの気分屋ということで終わってしまう。

そこで帳尻を合わすためにスケジュール帳に余白を作ることが重要となる。

 

その余白とは1日のうち1時間でも2時間でも空き時間を作ることから始まり、やがて1週間のうち1日でも2日でも予定を入れない空白の日を作ることとなる。

 

つまりスケジュールにゆとりを持つことで、ToDoを優先順位のままに進められなくても余白の時間で帳尻を合わすことができ、その余白があるからこそ集中できない対象からは一度離れ、夢中になって取り組める対象に集中力を注ぎ込むことができるのだ。

 f:id:akira-wakasugi:20170614112406j:image

集中力にフォーカスした仕事の進め方

小さな頃から「集中力が足りない」と言われてきた。

 

足りないということはゼロではない。

ただ他の人よりも少ないのかもしれないという自覚はあった。

だから限られた集中力を如何に使っていくかを考え続けてきた。

 

限られた集中力を有効に使うには、集中力を使う対象を絞らなければいけなかった。

 

何かに集中するという行為は「今を生きる」ということ。

今の自分には取り組めない課題や後回しにしてもいいことはToDoから一度捨て、自分は何に集中すべきか常に頭をクリアにしてきた。

 

そして自ら時間に追われ集中せざるを得ない環境を作り出し、ゲーム感覚で楽しみながらToDoをクリアしていく。

 

さらに自分の集中力が高まる時間を知り活用していく。

ぼくの場合は夜型から朝型にシフトしたことで生産性が格段に上がったことを実感している。

 

そうやって仕事の生産性を高め作り出した時間はスケジュール帳に余白として残しておく。スケジュールにゆとりを持つことで、ToDoを優先順位のままに進められなくても余白の時間で帳尻を合わせることができる。

 

余白の時間があることで集中できない仕事をだらだらと続けるのではなく、いま夢中になれる仕事に集中して行動することができる。

 

それはつまり・・・

自分の集中できる状態を知り、夢中になれる環境を作り、行動し続けていくという自分なりの集中力にフォーカスした仕事の進め方となっている。

 

 

毎週水曜よる9時更新

 

 

 

エソラゴトで終わらせない!「お金は後から付いてくる」は本当か?

こんな言葉、聞いたことはないだろうか?

 

「お金は後から付いてくる」

 

すばらしい言葉だと思う。

 

素晴らし過ぎて・・・

正直、自分には出来ないって思った。

 

そんな諦めにも似た感覚が自分を強く行動へと駆り立ててくれた。

f:id:akira-wakasugi:20170606054022j:image
待てない理由

お金が無い。

お金が無い時に・・・

 

「お金は後から付いてくる」

 

 そんな精神論を説かれる。

 

それはそうかもしれない・・・
しかし、お金が付いてくるまで待っていたら会社が潰れてしまうのだ。

 

2011年の秋、ぼくは家族の生活と会社の存続をかけ休む間も無く営業先を飛び回っていた。

独立して会社を立ち上げたものの思うように売上は上がらない。

このまま売上が上がらなければ来月には会社を清算することになる。

 

そんな時に「お金は後から付いてくる」なんて・・・

とても思うことは出来なかった。

 

生きるために必要なお金が不足している状態で、お金が後から付いてくるまで待っている余裕などないのだ。

 

だからお金が後から付いてくるのを待つのではなく、お金が付いてくる体質を作ろうと思い行動に移した。

 

その体質を作ることが出来れば・・・

「お金は後から付いてくる」

 そう、心から思えるようになるのではないかと思ったのだ。

 

今スグできること

お金が付いてくる体質を作る。

 

逆に言えば、自分に入ってくるお金より出ていくお金が多くなると、お金が付いてくる体質は出来ない。

 

だからお金が付いてくる体質を作るには、先ずは自分から出ていくお金が何に使われているのかを知る必要がある。その自分から出ていくお金が何かを知った上で、自分の経済状況に合わせて支出を見直していく。

 

支出の見直しを定期的に行うようにするだけで、自分にとって無駄な支出を削ることが出来る。

お金の入ってくる量がこれまでと同じでも、支出が減れば自分に付いてくるお金の量は増える。

 

生きているだけで何らかのコストはかかる。

日々の暮らしのなかで無意識に支出していることは必ずある。

 

定期的な支出の見直しで、今スグにでもお金の付いてくる体質を作り始めることはできるのだ。

 

豊かさのポジショニング

定期的に支出の見直しをする。

その支出したお金は社会の中で循環していく。


それぞれ自分が受け取った給与で何かの支払いをして、その支払いを受けた事業者は、そのお金で社員に給与を払う。

その事業者が仮に自分の勤めている会社だったらどうだろう。

自分と勤務先の中だけでぐるぐるとお金が回っていることになる。

 

この単純な循環の中に、実社会ではいくつもの事業者や多くの人を介してお金の流れが作られている。

 

その流れのどこに自分の身を置くのか。

より豊かなお金の流れを掴むには自分のポジショニングが重要になってくる。

 

豊かなお金の流れとは、ただ多くのお金が得られるポジションを取ることだけではない。

 

たとえば、多くのお金が得られるポジションに身を置いていたとしても精神的には苦痛に満ちていたら、その人にとって豊かであるとはいえないだろう。

 

豊かなお金の流れとは「精神的な豊かさ×経済的な豊かさ」という2つの側面で考える必要がある。

 

それは自分のやっている仕事が好きかどうかであったり、仕事はそこそこでもプライベートが充実させられる職場であるかどうかであったり、仕事内容はキツイけど短期でお金を貯めることができる職場であるかどうかであったり、それぞれの目的や考え方に沿ったポジションを取ることが重要なのだ。

 f:id:akira-wakasugi:20170606192205j:image

歩き始めれば景色は変わる

「お金は後から付いてくる」

 ぼくにとってこの言葉には特別な感情がある。

それはお金が最も無い時に聞かされてきたからだ。

 

お金が無い時に、そんなことを言われても・・・

自分はそんなふうには思えない。

 

だからぼくは諦めてお金が付いてくる体質を作り始めた。

具体的には、単価の大きい不動産という商品を仲介して、そこで得たお金を小さな不動産に投資して複利で運用していくということだった。

 

自分の好きなことは小さな不動産を見つけることだったが、それに関連する不動産の仲介をやることで「精神的な豊かな×経済的な豊かさ」のバランスを取るようにした。

 

独立して早7年目、今はそうした活動を通して生活の基盤を作ることができたからこそ、個展をやったり、作品作りをしたり、自分が心からやりたいと思える活動に集中することができている。

 

その作家活動を通して気づいたことがある。

「お金は後から付いてくる」

そう思っている自分がいたことに・・・

 

それは表現活動において、お金のために作品を作ることもなければ、お金のために個展をやることもないからだ。

 

自分を如何に表現できるか。

 

そこだけを突き詰めていきたい。

だから結果として「お金は後から付いてくる」ということになる。

 

つまり・・・

お金を得るよりも心の喜びを得る方が優先なのだ。

 

優先されるもの

今になって思えば・・・

「お金は後から付いてくる」と言える人の多くは、何かしら生活の基盤があるか、何らかの分野で成功を収めているか、または既にお金を稼ぎ始めている人なのだ。

 

つまり既にお金の付いてくる体質ができていて、お金を得ることよりも心の喜びを得ることに生き方がシフトしているのだ。

 

だから明日、生きるためにお金が必要な状況で、この言葉を鵜呑みにしてはいけない。

明日生きるためには、徹底的に頭を働かせ、お金が付いてくる流れを考え行動に移さなくてはならない。

 

それをせずに「お金は後から付いてくる」という言葉を鵜呑みにして、自分を客観視することなく思考を停止させてしまっては、明日を迎えることはできないのだ。

 

「お金が後から付いてくる」は本当か?

 「お金は後から付いてくる」

 

すばらしい言葉だと思う。

ぼくにとって今その言葉は「自分のやることに集中しよう」と脳内変換されている。

 

だから「お金は後から付いてくる」という言葉を100%の心で口にすることは出来ないが、その通りだとも思う。

そんな視点で世の中を見ていると、お金が後から付いてくる人にはある共通点がある。

  

お金が後から付いてくる人は、心からそう信じて生きているようにみえる。

心から信じているので、その人にとっての現実は「お金は後から付いてくる」ということになる。

 

なぜなら行動をやめないからだ。

 

心から信じて行動をやめなければ、長い人生の中でお金が付いてくることもあるだろう。

その人にとっては「ほら、お金は後から付いてくるでしょ」といった感じだ。

だから心から信じることができる人にとって「お金は後から付いてくる」のだ。

 

そして多くの場合、そういった人は後から付いてくるお金に生活を委ねてはいない。

その背景には別に生活の基盤があるのだ。

 

だからお金は後から付いてくればいいという心の喜びを優先させるスタンスが取れるのだ。

 

「お金は後から付いてくる」

 

それは心から信じることができる人にとっては真実だし、信じることができない人にとってはやはりエソラゴトなのかもしれない。

 

正直、ぼくは後者だった。

だから待つことを諦めて行動することにした。

 

でも今ならほんの少し分かる気もする。

 

前者であっても、後者であっても、何を思い考えても、それだけでは足りなくて、行動することだけが、自分の世界を変えていくのだということを・・・ 

f:id:akira-wakasugi:20170606192409j:image

 

毎週水曜よる9時更新